【共働き夫婦】二人暮らしの食費 外食込み3万円|平均より安い理由

節約

かっつん家は30代共働き夫婦です毎月の食費は外食込みで3万円くらいです

2020年8月7日に総務省が発表した「家計調査」によると、二人暮らしにおけるひと月の食費の平均は67,153円だそうです

今回はかっつん家の食費が外食込みで3万円に抑えられる理由を解説します

平均より安いね。休日に安いスーパーをハシゴしてるんでしょ?

夫婦ともフルタイムワーカーで家事は省エネ思考です

食料品の買い物に労力を使いたくないので買い物は楽天西友ネットスーパーを使っています

どうせ実家が農家で色々もらったりするんでしょ?

かっつん家の実家は農家ではありません

でも実家に行くとお菓子や野菜、肉などをもらうことがあるのは事実です

今回は平均より安い理由を正確に解説します

  • いただき物がある
  • ふるさと納税を活用する
  • 基本的には自炊する
スポンサーリンク

いただき物がある

先ほど書いたとおり実家から食料品をもらうことがあります

かっつん
かっつん

パンナちゃんの実家でたくさん買った物をお裾分けしてもらえます

だいたい月1回、量としては2人分の食事3食分くらいです

それとは別に伯父が高級肉を送ってくれます

だいたい月1回、量としては2人分の食事3食分くらいです

つまり丸3日分の食料品はいただき物で成り立っています

かっつん
かっつん

ありがたいことです

ふるさと納税を活用する

ふるさと納税は超オススメです

かっつん家は返礼品としてお米の定期便が届くものを選んでいます

ふるさと納税で届くお米だけでは足りないので、玄米や雑穀米は買っています

基本的には自炊する

我慢せずに外食しますが日頃は自炊生活です

外食の月平均は1万円くらいです

かっつん家はお酒を飲まないので外食もそんなに高くならないことが多いです

まれに高級レストランに行くこともありますが、その月は食費3万円オーバーします

基本的に自炊ってきついよ

かっつん家はいつもパンナちゃんが出勤前に夜ごはんを用意しています

パンナ
パンナ

仕事で疲れて帰宅した後に料理したくないし急な残業もあるので朝のうちに用意しています

自炊って料理するだけじゃなくて献立を考えるのも面倒くさいよ

かっつん家では約3か月分の献立をたててローテーションしているので毎日の献立を考えなくていいです

仕事の日に弁当用意するの面倒くさい

かっつんは前日の夜に弁当を用意します約1分でできる超ズボラ弁当です

さいごに

食費を3万円に抑えられる理由を解説しました

  • いただき物がある
  • ふるさと納税を活用する
  • 基本的には自炊する

いただき物なんかは各家庭によって事情が違うので全ての人に当てはまりませんがふるさと納税は全ての人にお勧めできるお得な制度です

かっつん家では食費を今より抑えると日々の満足度が下がってしまうのでこれ以上の節約はしません

皆様も心地よいラインを探ってみてはいかがでしょうか?

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました