お金のクイズ!あなたは何問解ける?|マネーリテラシー

お金のこと

今回はお金のクイズです

5問あります!!

かっつん
かっつん

ぜひ何問解けるかチャレンジしてみてください♪

スポンサーリンク

1問目

家計の行動に関する次の記述のうち、適切でないものはどれでしょうか?

  1. 家計簿などで、収支を管理する
  2. 本当に必要か、収入はあるかなどを考えたうえで、支出をするかどうかを判断する
  3. 収入のうち、一定額を天引きにするなどの方法により、貯蓄を行う
  4. 支払いを遅らせるため、クレジットカードの分割払いを多用する
かっつん
かっつん

答えはこの下にあります

正解は…

4. 支払いを遅らせるため、クレジットカードの分割払いを多用する

クレジットカードの分割払いを利用すると手数料(金利)が発生するため、支払いを遅らせるために分割払いを多用するのは不適切です

2問目

一般に「人生の3大費用」といえば、何を指すでしょうか?

  1. 一生涯の生活費、子の教育費、医療費
  2. 子の教育費、住宅購入費、老後の生活費
  3. 住宅購入費、医療費、親の介護費

正解は…

2. 子の教育費、住宅購入費、老後の生活費

老後費用、住宅費用、教育費用は、「人生の3大費用」といわれます

3問目

金利が上がるときに、資金の運用(預金等)、借入れについて適切な対応はどれ?

  1. 運用は固定金利、借入れは固定金利にする
  2. 運用は固定金利、借入れは変動金利にする
  3. 運用は変動金利、借入れは固定金利にする
  4. 運用は変動金利、借入れは変動金利にする

正解は…

3. 運用は変動金利、借入れは固定金利にする

金利が上がる時には運用収入が増加 変動金利 ○

借入れはコストの増加を避けるため 固定金利 ○

4問目

借入れ10万円!借入金利は複利で年率20%の時、返済しないと何年で残高倍になる?

  1. 2年未満
  2. 2年以上5年未満
  3. 5年以上10年未満
  4. 10年以上

正解は…

2. 2年以上5年未満

72の法則」(72÷金利≒お金が2倍になる年数)はお金が2倍になる年数がすぐにわかる便利な算式

この算式に当てはめ計算すると「72÷金利20%≒3.6年」となるので「2年以上5年未満」

5問目

金融商品の契約でトラブルが発生した時に利用する相談窓口・制度として適切じゃないのは?

  1. 消費生活センター
  2. 金融ADR制度
  3. 格付会社
  4. 弁護士

正解は…

3. 格付会社

格付会社は、金融商品や企業・政府などの信用状態を評価する企業なので、金融トラブルでは使えません

お疲れさまでした

問題は金融リテラシー調査『知るぽると』から引用しました

1問20点で、全国平均点は約53点でした

読んでくださった方の参考になれば幸いです

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました