劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 公開間近!3分でわかるキャラクターまとめ

お出かけ

鬼滅の刃の映画がついに今週金曜日、10月16日から公開ですね

今回は映画に出てくる登場人物をおさらいしてみました

スポンサーリンク

竈門炭治郎(かまどたんじろう)

鬼滅の刃の主人公で「水の呼吸」の使い手

炭焼き小屋の一家に生まれた6人兄弟の長男

亡き父の代わりに家族を支えるため寒い日も炭を売りに行く働き者

まっすぐで清く正しく、自分のことより相手のことを第一に考える心優しい少年

炭治郎が炭を売りに出かけている間に家族が人食い鬼に殺され、

唯一生き残った妹の禰豆子は鬼にされていた

家族の仇である鬼を討ち、禰豆子が人間に戻る方法を探すために奮闘する

年齢:15歳(物語開始時は13歳で、2年の修行を経て15歳で鬼殺隊に入隊)

身長:165センチ(物語開始時は156センチ)

体重:61キロ(物語開始時は53キロ)

趣味:掃除

特技:頭突き、嗅覚が優れている

竈門禰豆子(かまどねずこ)

主人公・竈門炭治郎の妹6人兄弟の長女

美人で心優しく自分のことより弟や妹のことを大切にする

雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨により鬼にされてしまう

通常、鬼になってしまった者は例え家族でも人間を見ると襲うが、

禰豆子は兄・炭治郎を襲うどころか守ろうとしたので生かされた

炭治郎とともに鬼を討ち人間に戻る方法を探す

年齢:14歳(物語開始時は12歳)

身長:153センチ(物語開始時は150センチ)

体重:45キロ(物語開始時は39キロ)

趣味:裁縫

我妻善逸(あがつまぜんいつ)

主人公・竈門炭治郎の鬼殺隊同期で「雷の呼吸」の使い手

もともと捨て子として町で育ち、女に騙され借金まみれになり金貸しに捕まっていたところ

じいちゃんこと桑島慈悟郎(くわじまじごろう)に助けられる

じいちゃんは鬼殺隊の次期の柱(鬼殺隊の最上位階級)を育成する「育手(そだて)」だったため

鬼殺隊の道を歩むことになる

修行中に雷に打たれて金髪になった

ヘタレな性格だが実力はあり、人のためなら強くなれる

年齢:16歳

身長:164.5センチ

体重:58キロ

趣味:花札、双六

特技:聴覚が優れている

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)

主人公・竈門炭治郎の鬼殺隊同期で「獣の呼吸」の使い手

母親に捨てられ、山の中で猪に育てられた

いつも上半身裸で育ての親である母猪の頭をいつも被っているが、

素顔は女性のような綺麗な顔立ち

鬼殺隊に入隊するまで自然の中で独自に技を磨いてきた

口癖は猪突猛進の野生児

年齢:15歳

身長:164センチ

体重:63キロ

趣味:童遊び「ことろことろ」

特技:体が柔軟、触覚に優れている

煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

鬼殺隊の柱の一人、「炎の呼吸」の使い手である炎柱

煉獄家は始まりの呼吸である「日の呼吸」から派生した「炎の呼吸」を伝える名家

幼少期は弟とともに当時柱だった父から手ほどきを受けていたが、

途中で父は教育をやめてしまう

それでも独学で鍛錬を積んで柱になった努力家

明るく朗らかだが、威勢や責任感は人一倍強い頼りがいのある青年

年齢:20歳

身長:177センチ

体重:72キロ

趣味:能や歌舞伎、相撲観戦

鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)

鬼滅の刃における最大最強の敵

最初に鬼になった存在であり、鬼たちの首魁

人間は無惨の血を投入されても生き残れば鬼となる

もともとは人間で、平安時代に貴族の息子として生まれたが、

生まれつき体が弱く20歳までは生きられないと言われていた

無惨のために医者が青い彼岸花で作った薬を処方するも

すぐには結果が出ず、無惨は医者を殺害する

しかししばらくして無惨の体調は改善し、常人離れした強靭な肉体をもつ鬼と化す

残虐非道で自己中心的な考えを持ち、生きることに執着する

まとめ

かっつん家は映画公開日に見に行く予定です

原作は終わってしばらく経ちますが鬼滅の刃フィーバーはしばらく続きそうですね

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました