【コロナ禍も旅を楽しもう】マイクロツーリズムfrom福岡〜日田豆田編

お出かけ

大分県日田市豆田町に行ってきました

ここは国の重要伝統的建造物群保存地区

江戸時代に城下町として栄えた場所です

昔の建物が並んだ町をのんびり歩くとまるでタイムスリップしたみたい

日常から離れた気分を味わえます

何度か訪れたことがある場所ですが飽きません

日田といえば、鰻や麺がパリパリの日田焼きそばが有名ですが

今回は昼ごはんを食べてきたのでお茶や散策をして楽しみました

ちなみに、鰻や日田焼きそばのお店は14時すぎも並んでいました

こちらは何度か行ったことがある麦屋カフェ

古い町屋がリノベーションされた空間で

ランチメニューもカフェメニューもあり居心地がいいです

だけど今回は新規開拓!

伺ったカフェは「DENSURU CAFE」

ひとつのお店を複数のオーナーが運営するシェアカフェというものらしいです

本日は「着物でおもてなしカフェ」

名前のとおり着物をお召しになった店員さんが迎えてくれました

本来は20席ほど入る空間ですがコロナ対策で10席ほどに減らされていました

だご汁や栗ご飯もあるようでいい香りがしていましたが

お茶をしにきたので焼きプリン&コーヒーセット(550yen)を注文

日田市の焼きもの小鹿田焼(おんたやき)の器でした

濃厚だけど素朴な味わいのプリンとほろ苦いコーヒーの相性は絶妙

プリンは私好みのかための食感で昔ながらの街並みとあっています

美味しいものを満喫したあとは散策へ

普段は大通りを散策していましたが、今回はちょっと裏道をぶらり

小川にはカモがいましたが写真には入らず

疲れた時は休憩スポットもありここでソフトクリームを食べている方もいました

上の写真はレトロな薬屋さん

おもしろい薬袋のラムネもあるのでお土産にも良さそうです

2階には日本丸館という資料館があります

次は御菓子司京橘

いちご大福やぶどう大福などが並ぶなかに

なんとアマビエの和菓子がありました

妖怪アマビエは疫病の流行を防ぐご利益があると言われておりコロナ禍で有名になりましたよね

次は日田醤油雛御殿

日田は醤油も有名で豆田町にも何軒か醤油屋さんがありますが

かっつん家は雛御殿を気に入っています

創業170年の老舗です

上の味くらべは、ゆず醤油、醤油、白だしの3本でセット(800yen)

1本が160mlと少量サイズなので自分用のお試し、人へのプレゼントなどにもオススメです

別途300円で雛人形の展示場に入館できます

3,000体の雛人形は圧巻ですよ

残念ながら今回は時間の都合上入っていません

日田豆田町は観光地でありながら人が多すぎず

いつ行っても穏やかに楽しめます

皆さんも休日の気分転換に良かったら行ってみてください

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました